あなたにとっての簡単な納税方法!

代表的な税金

所得税と住民税

大きな割合を占める、所得税と住民税。
この二つが所得に応じて納税額が決められることはご存知の事と思います。
所得税は国税になり国に納めて、住民税は地方税と呼ばれ、各道府県や市区町村にそれぞれ納めるものです。
元となる所得は、自営業の方や労働以外で収入を得た場合は自己申告となるため、違う数字を申告すると、全てに訂正が必要になってしまいます。
大きな会社であれば、税理士さんにお願いできますが、個人で専門家に依頼するケースは、よほどの富裕層でない限り稀です。
無駄な作業を極力なくし、スマートに納税手続きを進めることで、ストレスなく納税できますよね。
単に支払う事に注目するのではなく、申請についても工夫することで、より簡単に手続きを行うことができますから、一連の手続き方法や準備時期なども踏まえて行動しましょう。

相続税と贈与税

相続や贈与は、人生の中でそう何度も経験するものではないと思います。
それなりの資産を持っている人でなければ関係ないと、身近なイメージもありません。
この二つは、発生してから納税するまでの期限が決まっているものですから、焦りますよね。
したがって、経験値から自分でというよりはやはり専門家にお願いするケースが多いでしょう。
自分に経験がなかったとしても、家族で代々継ぐものなので、ご両親や親せきに経験者がいると思いますから、どんなものなのか聞いてみるのもいいかもしれませんね。
それぞれのケースで、資産価値を再評価するなど、方法が違ってきます。
税理士さんや弁護士さんにお任せする、という意味では、支払いだけすればいいわけですから、簡単かもしれませんね。