あなたにとっての簡単な納税方法!

納税を考える

かかる税金を知ること

簡単に納税といっても、まずは義務となる税金の種類とその金額を把握する必要があります。
主なものは確定申告によって確認することができます。
その年の主な収入や副収入、労働によって手にした以外の収入、住宅ローンなどの支出を洗い出し、その金額を申告して税額が決まるのです。
企業に勤めている人は、給与の部分のみですが、会社がまとめて申告してくれますよね。
その他の申告項目についてまとめるこの作業が面倒なのですが、一年間でどんな収入と支出があったのかは、本人しかわかりませんので、しっかり知っておく必要があります。
納税は対象期間の申告項目を把握していくところからすでに始まっています。
会社で申告する以外にない場合を除いて、記録しておく等しっかり準備を進めましょう。

手続きが必要な税と不要な税

収める税金を毎年計算して決めてゆく国税や地方税は、源泉徴収や確定申告などの手続きを経て納税額が決まります。
他にも、相続税や贈与税といった、一時的に発生する税金も、手続きが必要です。
これらはその計算方法や手続きが面倒なイメージがあって、それが税金そのもののイメージにつながっていると思います。
計算が相違していたり、誤った申告をしてしまうと、追徴などのペナルティがあることも、敬遠してしまう理由の一つですね。
では、手続きが不要な税とは?
代表的なのは、消費税ですね。
本体価格に規定の課税率をかけた部分を消費税として支払います。
物を買う時に必然的に払う税です。
あらかじめ商品価格に税金が含まれているものとしては、たばこ税や酒税があります。
これら嗜好品には高めの税金額が課せられています。