あなたにとっての簡単な納税方法!

納税を考える

何もわからないままいきなり手続きをはじめても、かえって手間がかかることは周知のとおりです。 特に申告は個人的なものですから、専門家にお願いしたとしても、自分が把握しておかなければ、結局面倒になります。 いつから、何に気を付けておけばいいのでしょうか。

代表的な税金

税関係の話題は、年末や年度末に毎年出てきます。 源泉徴収、確定申告といった手続きを私たちがしなければいけないからです。 また、それとは別に発生する納税義務もあります。 税金の種類によって、申告方法も納税方法も違います。 混乱している方もいるのではないでしょうか。

支払いにもいろいろです

一部を除いて、納税は基本現金です。 手間のかからない口座振替などもありますが、ほかにも納税の手段がいろいろ出てきました。 手続きが必要なものもありますが、慣例化してしまえば簡単に支払うことができて、苦にならなくなります。 これから先の未来の納税も、ちょっと変わってくるかもしれませんね。

簡単にするには、まず知ること

日本国民の三大義務。
教育・勤労・そして納税ですね。
遠い昔に習ったこれですが、生活にあまり密着していない感のあるのが、納税義務ではないでしょうか。
税金には、様々な種類があります。
国税や地方税、直接税や間接税など、昔学校で習ったことがありますよね。
難しい専門用語や、面倒で複雑に感じる税制度。
税金に限らず、面倒なことはなるべくしたくないですよね。
そもそも、生まれてから大人になって、社会人として働くようになるまで税金を意識して生活している人は、ほとんどいないのではないのでしょうか。
その上、これだけ身近に感じない税金について、その手続きもよく理解しないままなんとなく納めているわけです。
税金は国や地方の「収入」に当たり、これがなければ環境の整備や安全対策など、必要な対応を行うことができなくなり、結果私たちが困ることになります。
とはいえ、納税のシステムを現代人の生活スタイルに合った方法に変えていかなければ、次第に理解されなくなってしまいます。
そこで、納税手続きについても、いくつかの変化が見えるようになってきました。
納税義務がある人は、たいてい忙しい人です。
その人たちに負担のないように、確実に税金を納めてもらえるようにする工夫はなされているんですね。
まだまだ不便さは感じるものの、少しずつでも改善してくれることで、暮らしやすい環境になってくれればいいですよね。

便利になった方法を使って、時には専門家の手を借りて、効率よく簡単に税金を納めるようにする方法を考えてみました。